月別アーカイブ: 2016年12月

医療脱毛とエステ脱毛の違い


脱毛には大きく分けて医療機関で受けられる医療脱毛と、エステで行われているエステ脱毛の2つの種類があります。医療脱毛とエステ脱毛は脱毛に使用しているエネルギーに違いがあります。
医療脱毛で使用されているのはレーザー、エステ脱毛で使用されているのは光です。レーザーと光は共に熱エネルギーを使って毛根にダメージを与え、毛を作る組織を破壊して毛が作られないようにします。
同じように毛根にダメージを与えるのなら医療脱毛でもエステ脱毛でも違いはないのではないかと思うかもしれませんが、そうではありません。レーザーと光は波長が違うため毛根に与えるダメージの大きさに開きがあるのです。
レーザーは波長の幅が短い為、ピンポイントで毛根にエネルギーを照射することができます。毛根に与えるダメージが大きいので、1度破壊された毛根から再び毛が生えてくることはなくなります。しかし光エネルギーは波長の幅が広いため広範囲にたいしてエネルギーを照射する形になります。毛根に与えるダメージはレーザーに比べると弱くなるため、何度も光エネルギーを照射しなくては脱毛することができません。
つまり医療脱毛とエステ脱毛は同じように熱エネルギーを使って脱毛を行っているが、使用しているエネルギーの違いから医療脱毛の方が脱毛効果が高いのです。その為医療脱毛を選ぶとエステ脱毛に比べて早く脱毛を終えることができます。1回の脱毛にかかる費用は医療脱毛の方が高いのですが、脱毛を終えるまでにトータルでみると費用が安くなることもあります。
しかし脱毛効果が高いということは脱毛時に発生する痛みも大きくなる傾向があります。痛みを緩和するために麻酔クリームを使用したり、痛みの少ない脱毛機器も開発されていますが、心配な人は無料で体験脱毛できる医療機関もあるため利用してみると良いでしょう。
一方のエステ脱毛は脱毛するまでには長くかかりますが、脱毛効果と共に美肌効果や脂肪燃焼効果がある光を使用しているエステもあり美肌になりたい女性に向いています。

脱毛豆知識:脱毛と日焼け


脱毛をしている時は日焼けに注意しなければなりません。
脱毛の仕組みは黒いメラニン色素に反応して熱ダメージを与えることです。ムダ毛や毛根にはたくさんのメラニン色素が含まれているので、ダメージを受けて生えなくさせたり生える毛を細くしたりできます。しかし日焼けをすると肌が黒くなってメラニン色素が生成されるので、毛とは関係がない場所にまでダメージを与えてしまいます。必要以上のダメージは痛みを引き起こすだけでなく、腫れや水ぶくれの原因です。肌トラブルが起こるとそれが治るまで脱毛できないので、ツルツルの肌になるのが遅くなります。
また脱毛をした後は熱によって肌表面が乾燥しています。バリア機能が低下しているので、紫外線の影響を強く受け炎症を起こすことがあります。反対に日焼けによっても肌が乾燥するので、痛みを感じやすくなったりメラニン色素を活性化させてシミやソバカスを増やしたりします。脱毛前だけでなく脱毛後も日焼けすることは厳禁なので、施術の前後2週間~1ヶ月は紫外線対策に専念します。一度焼けてしまうと、元の肌の色に戻るまでに時間がかかります。あまり他の部位と色の区別が付きにくい場所で1ヶ月間、色がくっきり変わっている場所で3ヶ月間は施術ができません。
夏場はジリジリと太陽の熱を感じるので紫外線対策をする人が多いですが、秋~冬にかけて怠る傾向があります。SPFの数値が低めで良いので、日焼け止めクリームは毎日塗ります。日焼けをしてしまった時は、炎症が落ち着くまでは保湿を行います。美白化粧品はメラニン色素の抑制や排出に効果的ですが、ビタミンC誘導体などの成分が強すぎて炎症が悪化することがあります。美白成分が肌に浸透するためにも、紫外線によって破壊されたバリア機能を正常にする必要があるため、保湿効果の高いスキンケア用品を使います。シートマスクは刺激が強いことが多いため、日焼けした肌に使うのは避けます。

また、余談ですが、男性の場合、日焼けは頭皮に非常にダメージを与えるため、薄毛になるリスクがあります。
脱毛が必要なほど毛深いということは、男性ホルモンが強いということになりますので将来ハゲになる可能性が高くなります。
早い段階で頭皮ケアを心がけるとよいでしょう。

脱毛豆知識:生理周期と脱毛

意外にも脱毛と深く関わっているのが生理周期です。VIO周辺を注意していれば良いという範囲では済まされる問題ではないのは皆さんご存知でしょうか。もちろん、生理中のVIOの脱毛は不可能という事は知られていますが、その他にも注意しておかなければならない点は多々あるのです。生理中は肌が敏感になっているため、人によっては乾燥しやすかったりと肌トラブルが絶えない時期です。その時期はクリニックやサロンなどでも断りを入れられる場合があります。また断られる理由はこれだけではなく、ホルモンバランスの乱れにより効果が出にくい可能性もあるのです。では一体、どの時期が効果が出やすいのかというと女性が一番調子が良いとされる卵胞期を狙って受けるようにすると効果的です。卵胞期は生理後から1週間の間とされますが、少しでも効果を出したいと思っている方は卵胞期の辺りに予約を取り直してみてはいかがでしょうか。排卵期に掛かってあまり無理をすると調子が壊れてしまうので気をつけてくださいね。黄体期も生理中と同様、身体の免疫力が低下し始める時期なのであまりおすすめはしないです。この事から脱毛をするにあたってホルモンバランスが乱れている10代よりも、生理周期がある程度整っている20代からが効果的と言われているのが納得がいきますよね。自分の生理周期が把握できている方は参考にして予約を取るようにすると効率的に脱毛を受ける事ができるようになります。VIOでない限り何も言わなければ生理中だとは分かりませんが、無理やり生理中に脱毛しても良いとは限らないのです。これを機に自分の生理周期を見て何も考えずに予約を取った時と比べてみると効果を実感できるかもしれませんね。そういった相談もクリニックやサロンで行ってくれるので不安な方などはそちらに相談してみましょう。これからはただ脱毛を受けるだけではなく、生理周期と照らし合わせて予約を取る事も重要です。

脱毛後の豆知識:熱いお湯と脱毛後の肌


ムダ毛の脱毛をしたとの素肌というのは、肉眼ではわかりませんが、内側がまだ熱をもっています。エステサロンでは光を利用しますし、美容系クリニックでは医療専用のレーザー機器での、特別なムダ毛処理をすることができます。エステでもクリックでも、照射の手入れをしたあとには、肌はほのかな火照りを生じている状態です。病院やエステのスタッフは、赤みのある肌へのクールダウンの処置をしてくれますし、10分から20分ほどの冷やすお手入れが終わる頃には、施術をしたパーツは赤みも落ち着いています。

自分の目で見ても、施術をした肌状態はいつもと変わりませんので、肌には何も問題がないと思い込みがちです。だからエステやクリニックでのムダ毛処理のお手入れのあとは、いつもと同じ生活をしてしまうことがありますが、ここには注意が必要です。光やレーザー機器での施術は、美容整形などとは違い、大きなダウンタイムもないですし、入院をするようなこともありません。しかし施術後の生活では、体温を上昇させてはいけないという、基本的な注意をするべき項目があります。

エステやクリニックでムダ毛の施術を受けた日には、バスタイムでの熱いお湯には気をつけなければなりません。夜のバスタイムは毎日浴槽に浸かり、まったりとした入浴をする習慣がある人であっても、脱毛を受けた日には熱いお湯に浸かることはタブーです。光やレーザーでの照射をした肌は、内側にまだまだ熱がこもっている状態です。赤みがないですし肌に触れても熱さはないものの、内側では軽く炎症状態であり、それは24時間という長い時間継続をします。

だからムダ毛の脱毛を下夜のバスタイムでは、熱いお湯に浸かる浴槽でのバスタイムは、お休みをする必要があります。シャワーは大丈夫ですが、シャワーのお湯にも気をつけて、熱いお湯を使わないようにしましょう。熱いお湯で体温を上げてしまうと、余計に炎症がひどくなり、肌のトラブルが起こります。
ですので、肌が敏感になっている状態のときは、放置せずに専用のクリーム等を使って入念にケアを行ってください。

脇や二の腕の肌ケアをするならこちらをどうぞ

全身脱毛の安全な脱毛方法:フラッシュ脱毛

これから全身脱毛をしようと考えている方は決して少なくないと思われます。定期的にムダ毛の処理を行うのは面倒なので、エステサロンやクリニックで全身脱毛を行うのは全くおかしなことではありません。さらに自分で処理をすると肌を傷つけてしまう恐れがあるので、安全面からも行う価値があると言えます。様々な脱毛方法がありますが、中でも安全性が高いフラッシュ脱毛をオススメします。
フラッシュ脱毛のメリットとして、まずはやはり安全性の高さを挙げることができます。火傷になることを防ぐために波長の長い光を使用しているので、レーザーより間違いなく安心して利用することができます。レーザーは施術者の技術不足などが要因となりトラブルが少なからず発生しているので、安全を一番に考えている方はフラッシュ脱毛を選ぶべきす。また、痛みが少ないメリットもあります。私はレーザーとフラッシュの両方の経験があるのですが、フラッシュはほとんど痛みを感じることなく施術を受けることができました。痛みを感じやすい人でもビクッとなる程度のようなので、高く評価することができます。他には費用が安く済むメリットもあります。
ただ、メリットだけでなく、デメリットもあるので認識しておく必要があります。1つ目は永久に生えてこないわけではない点になります。永久脱毛ではないので定期的に通う必要があります。中には生えてこなくなった人もいるようですが、確実に生えてこなくなる保証はないので、その点は理解しておいてください。それでも、ほとんど生えてこなくなる毛もあるので、大分薄くすることは十分可能となっています。2つ目はレーザーの場合と同様にシミやホクロがある箇所には使用できない問題があります。シミやホクロがある箇所は違う方法で行う必要があります。いくつかのデメリットはありますが、安全性や痛みが少ないメリットは魅力なので、フラッシュ脱毛を行う選択は間違っていません。

M字はげ対策するならこちらをどうぞ

脇脱毛の安全な脱毛方法:光脱毛


光脱毛をはじめ、多くの脱毛には女性でしたら生理中はお肌がデリケートになっているため、また、皮膚科通院中やお薬を服用中は脱毛できない、と、制限がかかります。妊娠中や妊娠がわかってからもしばらく休止になります。体に100パーセントダメージが無い、とは言い切れないので、光脱毛などを行う業者側もそう言ったことを承知の上で、サインしてください、と、承諾のサインを依頼者からもらい、予約へ、そして施術、と、言う流れになるのが一般的です。まずはご自身が何に重点を置くか、予約が取りやすいところか、通いやすい場所にあるのか、振り替えがきくのか、支払い方法はどうなっているのか、などをよく確かめた上、上記の安全ガイドラインをきちっと理解し、守った上で施術してもらいましょう。
脇をはじめ脱毛は基本的に予約日の前日までに自分でムダ毛を剃ることになります。フェイスシェーバーが推奨されます。剃りのこしや利き手ではない方での処理はなかなか難しいものです。そういった場合は無理をして完全にきれいにしなくても大丈夫です。フェイスシェーバーを持参すれば、当日スタッフさんが剃りのこしをきれいに剃ってくださいます。
また、こういったサービスをしていないサロンでも断られることはありません。毛穴に光を照射するので多少毛はあっても大丈夫です。光脱毛はレーザー脱毛と違い、威力が若干おとるため何十回も通う必要があります。
今すぐにどうにかしたい、と言うかたよりは時間をかけてゆっくりと、でもいいといった方向けです。脇は基本的には日焼けする個所ではないと思いますが他の個所同様日焼けはご法度です。肌の色が黒くなると毛穴の黒さとあまり変わらなくなってしまい安全で効果的な脱毛ができないからです。1度施術をうけたら2か月から3か月あけて2回目を予約するのが一般的です。光ですと1回や2回では効果はあまり感じないかもしれません。回数を重ねることで毛穴も云わば死滅しきれいな白肌が手に入ることでしょう。

脇脱毛の安全な脱毛方法:レーザー脱毛


脇は脱毛箇所として最も人気の高い部分となっており、さまざまなサロンやクリニックで施術が受けられるようになっています。
しかし最近では脱毛施術にもトラブルが起きるようになっていますから、事前に安全な施術方法をチェックしておくことが必要です。
では安全な脇脱毛の方法としてはどういったものがあるのかというと、まず定番と言えるのはレーザー脱毛でしょう。
レーザー脱毛とはレーザーという強い光を使ってムダ毛の毛根を破壊する方法のことで、現在だと主にクリニックで施術が行われています。
これが安全と言える理由としてはやはりクリニックで施術が行われるという部分が大きく、医師・看護師といった国家資格を持つ人が施術を担当するために施術の確実性に優れていることがポイントです。
「サロンだから安全ではない」と言うわけではありませんが、開業に際して国家資格が必要になる医師・看護師の存在は非常に大きな要素でしょう。
また同時に大きな理由となるのがクリニックが医療施設である点で、万が一トラブルが起きた時にも正しい処置を期待することが出来ます。
実際のところいかに国家資格を持つ医師・看護師が施術を担当していると言ってもミスが起きないわけではありません。
想定よりも肌が弱かったためにレーザー光でやけどが起きることもありますし、また施術を受ける側との情報・認識の齟齬によってトラブルが起きることもあります。
しかしクリニックの場合は医療施設であるため、その場ですぐに応急処置が、必要であれば本格的な治療が受けられます。
この点がサロンとの大きな違いで、医療施設ではないサロンでは患部を冷やすなどの応急処置しか出来ません。
そのため肌が弱いなどのリスク要因を抱えている人の場合は、これだけでもクリニックを選ぶ価値があるのです。
その分サロンと比べると費用が高い、受けられる場所が限られているといったデメリットはあるのですが、もし安全性を追求するのであればクリニックでのレーザー脱毛を受けることをおすすめします。