医療脱毛とエステ脱毛の違い


脱毛には大きく分けて医療機関で受けられる医療脱毛と、エステで行われているエステ脱毛の2つの種類があります。医療脱毛とエステ脱毛は脱毛に使用しているエネルギーに違いがあります。
医療脱毛で使用されているのはレーザー、エステ脱毛で使用されているのは光です。レーザーと光は共に熱エネルギーを使って毛根にダメージを与え、毛を作る組織を破壊して毛が作られないようにします。
同じように毛根にダメージを与えるのなら医療脱毛でもエステ脱毛でも違いはないのではないかと思うかもしれませんが、そうではありません。レーザーと光は波長が違うため毛根に与えるダメージの大きさに開きがあるのです。
レーザーは波長の幅が短い為、ピンポイントで毛根にエネルギーを照射することができます。毛根に与えるダメージが大きいので、1度破壊された毛根から再び毛が生えてくることはなくなります。しかし光エネルギーは波長の幅が広いため広範囲にたいしてエネルギーを照射する形になります。毛根に与えるダメージはレーザーに比べると弱くなるため、何度も光エネルギーを照射しなくては脱毛することができません。
つまり医療脱毛とエステ脱毛は同じように熱エネルギーを使って脱毛を行っているが、使用しているエネルギーの違いから医療脱毛の方が脱毛効果が高いのです。その為医療脱毛を選ぶとエステ脱毛に比べて早く脱毛を終えることができます。1回の脱毛にかかる費用は医療脱毛の方が高いのですが、脱毛を終えるまでにトータルでみると費用が安くなることもあります。
しかし脱毛効果が高いということは脱毛時に発生する痛みも大きくなる傾向があります。痛みを緩和するために麻酔クリームを使用したり、痛みの少ない脱毛機器も開発されていますが、心配な人は無料で体験脱毛できる医療機関もあるため利用してみると良いでしょう。
一方のエステ脱毛は脱毛するまでには長くかかりますが、脱毛効果と共に美肌効果や脂肪燃焼効果がある光を使用しているエステもあり美肌になりたい女性に向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です