脇脱毛の安全な脱毛方法:光脱毛


光脱毛をはじめ、多くの脱毛には女性でしたら生理中はお肌がデリケートになっているため、また、皮膚科通院中やお薬を服用中は脱毛できない、と、制限がかかります。妊娠中や妊娠がわかってからもしばらく休止になります。体に100パーセントダメージが無い、とは言い切れないので、光脱毛などを行う業者側もそう言ったことを承知の上で、サインしてください、と、承諾のサインを依頼者からもらい、予約へ、そして施術、と、言う流れになるのが一般的です。まずはご自身が何に重点を置くか、予約が取りやすいところか、通いやすい場所にあるのか、振り替えがきくのか、支払い方法はどうなっているのか、などをよく確かめた上、上記の安全ガイドラインをきちっと理解し、守った上で施術してもらいましょう。
脇をはじめ脱毛は基本的に予約日の前日までに自分でムダ毛を剃ることになります。フェイスシェーバーが推奨されます。剃りのこしや利き手ではない方での処理はなかなか難しいものです。そういった場合は無理をして完全にきれいにしなくても大丈夫です。フェイスシェーバーを持参すれば、当日スタッフさんが剃りのこしをきれいに剃ってくださいます。
また、こういったサービスをしていないサロンでも断られることはありません。毛穴に光を照射するので多少毛はあっても大丈夫です。光脱毛はレーザー脱毛と違い、威力が若干おとるため何十回も通う必要があります。
今すぐにどうにかしたい、と言うかたよりは時間をかけてゆっくりと、でもいいといった方向けです。脇は基本的には日焼けする個所ではないと思いますが他の個所同様日焼けはご法度です。肌の色が黒くなると毛穴の黒さとあまり変わらなくなってしまい安全で効果的な脱毛ができないからです。1度施術をうけたら2か月から3か月あけて2回目を予約するのが一般的です。光ですと1回や2回では効果はあまり感じないかもしれません。回数を重ねることで毛穴も云わば死滅しきれいな白肌が手に入ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です