脱毛豆知識:脱毛と日焼け


脱毛をしている時は日焼けに注意しなければなりません。
脱毛の仕組みは黒いメラニン色素に反応して熱ダメージを与えることです。ムダ毛や毛根にはたくさんのメラニン色素が含まれているので、ダメージを受けて生えなくさせたり生える毛を細くしたりできます。しかし日焼けをすると肌が黒くなってメラニン色素が生成されるので、毛とは関係がない場所にまでダメージを与えてしまいます。必要以上のダメージは痛みを引き起こすだけでなく、腫れや水ぶくれの原因です。肌トラブルが起こるとそれが治るまで脱毛できないので、ツルツルの肌になるのが遅くなります。
また脱毛をした後は熱によって肌表面が乾燥しています。バリア機能が低下しているので、紫外線の影響を強く受け炎症を起こすことがあります。反対に日焼けによっても肌が乾燥するので、痛みを感じやすくなったりメラニン色素を活性化させてシミやソバカスを増やしたりします。脱毛前だけでなく脱毛後も日焼けすることは厳禁なので、施術の前後2週間~1ヶ月は紫外線対策に専念します。一度焼けてしまうと、元の肌の色に戻るまでに時間がかかります。あまり他の部位と色の区別が付きにくい場所で1ヶ月間、色がくっきり変わっている場所で3ヶ月間は施術ができません。
夏場はジリジリと太陽の熱を感じるので紫外線対策をする人が多いですが、秋~冬にかけて怠る傾向があります。SPFの数値が低めで良いので、日焼け止めクリームは毎日塗ります。日焼けをしてしまった時は、炎症が落ち着くまでは保湿を行います。美白化粧品はメラニン色素の抑制や排出に効果的ですが、ビタミンC誘導体などの成分が強すぎて炎症が悪化することがあります。美白成分が肌に浸透するためにも、紫外線によって破壊されたバリア機能を正常にする必要があるため、保湿効果の高いスキンケア用品を使います。シートマスクは刺激が強いことが多いため、日焼けした肌に使うのは避けます。

また、余談ですが、男性の場合、日焼けは頭皮に非常にダメージを与えるため、薄毛になるリスクがあります。
脱毛が必要なほど毛深いということは、男性ホルモンが強いということになりますので将来ハゲになる可能性が高くなります。
早い段階で頭皮ケアを心がけるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です