月別アーカイブ: 2017年3月

産後の女性の抜け毛による薄毛

女性にとって髪の毛ほど重要なパーツはないと言えるでしょう。髪の毛の質、量、つや、色などによってその印象は大きく変わってくるからです。当然豊かで量が多く、つやもあり色も黒々していれば若々しく健康的に見えるのは言うまでもありません。反対に、髪の毛の量も少なくつやも失われ、髪の量が少ないと貧相で老けた印象を他者に与えるようになるのです。

髪の毛が薄く、禿げや抜け毛も目立つ様になると、女性としての魅力が半減する様になるのは言うまでもありません。しかしケアを怠っていないのに抜け毛が多くなり薄毛が目立つ様になる女性も少なくありません。こうした場合には様々な原因が考えられるのです。
それは女性の産後に特に多く見られるのです。それは女性が出産すると胎児にビタミン、ミネラル、カルシウム、たんぱく質、葉酸などと言った髪の毛に発毛や育毛に必要な栄養素が全てとられることになるのです。

またお産と同時に胎盤も排出されるようになり、栄養素が急激に減少することになるのです。また授乳でも発毛に関連する栄養素を排出することになるので、お母さんの体は栄養素の欠乏で発毛や育毛に栄養が回らない状態になるのです。またお産によって血の流れが変わると良く言われます。血流が悪くなったり、ホルモンバランスなども乱れる人も多い傾向にあります。

こうし血流の悪さや、ホロモンバランスの乱れはダイレクトに発毛に悪影響を及ぼします。しかし悲観することはありません。徐々に生活リズムや生活習慣を元に戻し、栄養素が豊富な緑黄色野菜や良質のたんぱく質の青魚を積極的に摂取するようにすると次第に発毛がみられることがあります。しかし生活習慣を見直し、食生活なども改善しても一向に発毛が見られない場合には医療機関を受診してみるのも良いでしょう。AGA治療と言って生活指導や薬を用いて治療を行うこともできるのです。プロペシアと言った薬を飲むと9割の人に発毛が確認できたのです。